更新履歴

※各科の出来事、部活動の出来事は新着情報をご覧下さい。
 

所在地

080-0834
帯広市稲田町西19番地 

TEL        代表     0155(48)3051   
              職員室 
0155(48)2102 
              
育成寮  0155(48)2543   
               FAX   0155(48)3052 
E-mail     (代表アドレス)
               obino-z0@ hokkaido-c.ed.jp
             

アクセス

 

学科の出来事をお伝えします!

食品科学科
12345
2018/12/12new

食品科学科 2018年度のJICA交流事業報告

| by 帯農教員

 2018年度のJICAと食品科学科との交流事業が12月5日(水)に行われました。今回の研修テーマは、「市場志向アプローチによる生計向上」を目指した農民教育コースの中で本校食品科学科での製品開発への取り組みを紹介させていただきました。参加者はバングラデシュ、モザンビーク、フィリピン、ルワンダ、シエラレオネ、ザンビアの6ヶ国から9名の方が訪問されました。

 食品科学科3年食品製造での、4時間連続でのケーキ作りの授業を視察後、本校教員から学校紹介と商品開発の際の考え方や、生徒への指導の際に、考慮していることなどを説明しました。

また、食品科学科の小麦分会と地域資源活用分会の今年度の活動内容について、生徒の生の声を聞いていただきました。その中で、生徒達がどのような考えで、商品開発に取り組んでいるのかを伝えました。生徒達にとっても貴重な体験になりました。


08:45
2018/12/04

食品科学科 育成寮 Ⅱ期入寮期間修了

| by 帯農教員

8月19日(日)からの食品科学科1年Ⅱ期生の入寮期間の4ヶ月間も終わり、育成寮を退寮しました。今回のⅡ期入寮期間では、全道を襲った大停電を寮で体験することになり、当日の朝は、使用可能なトイレまで移動するなど、日常生活が大変な中、規則正しく行動し、落ち着いて行動してくれました。また、入寮期間中の生活当番や当番実習を体験して責任感を身につけ、自発的な行動が出来る生徒となり、これからの学校生活により目的意識を持ち、臨んでくれると信じています。退寮の挨拶を濱田君が行い、退寮にあたって、寮生活で今まで携わっていただいた方々への感謝の言葉を述べ退寮式が終了しました。



13:23
2018/11/14

帯広畜産大学高大連携事業 ~酵母について~

| by 帯農教員

   食品科学科3年生を対象に帯広畜産大学折笠先生を講師に微生物実験講習が行われました。この連携事業は毎年、帯広畜産大学実験施設をお借りして実験講習をおこなっており、昨年度は酵母の発酵状態を観察しましたが、今年度はレベルアップした実験ということで、酵母の基礎知識、そして自ら酵母を培養し、双眼実体顕微鏡で観察を行いました。普段製造実習で使用しているパン酵母を観察し、有意義な時間を過ごすことが出来ました。



08:36
2018/10/22

北海道庁主催 第52回「北海道の物産と観光展」に参加してきました。

| by 帯農教員

今年度、そごう神戸店開店85周年記念物産展が10月11日(木)~24日(水)まで開催され本校2年生乳分会3名は10月14~15日の2日間参加させていただきました。記念物産展ということもあり、北海道らしい商品開発をすることになりました。そこで地元企業であるジャージー乳を使用したアイスクリームなど乳製品の製造販売を行っているルーキーファームさんと2年生乳分会と共同で商品開発をすることになりました。商品を開発するにあたり、ルーキーファームさんと検討して、クリームチーズの脂肪分、塩分をかえ試作を繰り返しました。そしてチーズソフトクリームを開発し販売してきました。当初の取り組みである道産品の販路拡大と観光客の誘致促進、民間企業との共同開発をし、店頭での商品PRを通して販売学習を行うことができました。



09:38
2018/10/22

食彩フェア開催 ~in イトーヨーカドー 帯広店 ~

| by 帯農教員

   毎年行われている食彩フェアも14回を数えるまでになりました。本年も10月6日(土)に開催され、食品科学科では主担当として加工ブースを担当し、商品理解を深めるため各校担当生徒を対象に商品学習会を実施しました。実際の販売では自校の商品だけではなく他校商品の販売にも携わるため6年前より実施しています。9時の開店前から外で多数のお客様の列があり、開店と同時に加工ブースでも商品を手に取り「楽しみにしていて、毎年来るんだよ」「もう売り切れたの」と言われるほど人気があるイベントであることが、生徒たちにも理解されたのではと思います。終了時間を待たず午前中には完売をすることができました。本校の加工製品を購入されたお客様に感謝申し上げます。また、せっかく来ていただいて商品を購入できなかったお客様もいらして、大変申し訳なく思います。次回の販売会におきましても生徒の心のこもった商品を用意してお待ちしておりますので、どうぞお買い求めください。よろしくお願いします。



09:33
2018/10/03

食品科学科 パン甲子園2018inいわみざわ 参加

| by 帯農教員

 今年で6回目となる、パン甲子園の本選が9月29日(土)30日(日)に岩見沢市生涯学習センター「いわなび」にて行われ、3年小麦分会の3年生3名が参加しました。29日(土)は、学校と違う機械を使用する為の練習を兼ね、主催者より、バターロール作りを教わりながら調理室の機械に慣れました。また、各校で製作したパンを試食して交流を深めました。

30日(日)は本選です。朝9時から13時までの長時間で、各校思い思いのパンを作り、審査員にプレゼンテーションを行いました。敢闘賞を頂きました。進路活動の忙しい中、しっかり練習にも取り組みプレゼンテーションを行いました。3年生は、外部でのコンテストはこれで終わりとなりますが、次は実績発表大会に向けての活動が始まります。


09:25
2018/09/04

食品科学科 とかちマルシェ販売会及び料理甲子園参加

| by 帯農教員

 9月1日と2日の二日間に渡って行われた販売会と料理甲子園に、食品科学科2、3年生が参加しました。販売会では、多くの来場者の方々に本校の生産物を購入して頂きました。購入までお待ちいただきまた、販売量も制限がありご迷惑をおかけいたしました。この場をお借りしてお詫びとお礼を申し上げます。

また、2年小麦分会は、とかちマルシェ料理甲子園に出場いたしました。書類審査で28組のなかから、選ばれた20組が参加しました。料理のアイデアと腕前とプレゼンテーション力を総合して評価されます。

 今回で3回目となる大会に小麦分会も3回出場していますが、審査員の先生方の講評にあったように年々レベルが上がっています。今年の小麦分会は、家庭での簡単料理と十勝の食材の融合をテーマにそうめんと野菜のかき揚げで挑戦しました。入賞はできませんでしたが、盛り付けやお皿の選択、食材の取り上げ方を評価していただきました。3年次でのパン甲子園への挑戦に向けてのいい経験になりました。



14:26
2018/09/03

帯広畜産大学との交流事業(微生物実験)

| by 帯農教員

8月30日(木)と31日(金)の2日間で帯広畜産大学との交流事業(微生物実験)が行われました。帯広畜産大学のご協力により、食品科学科3年生を対象に2回実施されます。  

1回目である今回は、細菌を観察する方法を学ぶ事を目的とし、納豆菌と酢酸菌を題材に培養と観察実験が行われました。初日の2,3時間目は、帯広畜産大学の折笠先生より微生物の働きや観察の方法についての講義を受けて、次の日の観察の準備を行いました。

31日は、培養した微生物の顕微鏡による観察と微生物の性質を利用してより観察する技術を教わりました。納豆菌の観察では、慣れない双眼顕微鏡を使いながらも観察を行いました。



17:11
2018/08/31

食品科学科_HACCPシステム構築コーディネーターの研修

| by 帯農教員

8月22日~24日までの3日間、昨年度から始まったHACCP学習の2年目の取り組みとして、さらに学習を深めるために帯広畜産大学渡辺信吾特任教授を迎え、食品科学科3年生40名が「HACCPシステム構築コーディネーターの研修」として3日間研修を受講しました。HACCPシステム危害要因、前提条件プログラムの重要性などを詳しく説明いただき、それを元に演習を班ごとにおこない実際に何がポイントなのかを確認しながら学習することができました。3日間の講習をとおし普段実習で製造している加工品が本当に安全に作られているかを確認することができました。最後に受講者全員が修了書をいただき学んだことを活かしていこうと気持ちを新たにしました。


08:53
2018/08/07

株式会社満寿屋商店交流事業 小麦収穫

| by 帯農教員

    先週までの猛暑とうってかわり、過ごしやすい気温の中、満寿屋商店様「麦音店」での交流事業として、4月17日に播種した小麦の収穫を8月6日に行いました。

小麦を収穫して、乾燥させる準備と、麦音に来店されたお客様の小麦収穫の補助を行いました。小さいお子様が楽しく小麦の収穫を体験する姿を見た生徒が、同じく楽しそうに一緒に収穫する姿に私も癒やされました。

小麦栽培の体験が小麦の収穫で終了となり、これからは、技術講習などの交流となります。


08:19
12345