更新履歴

※各科の出来事、部活動の出来事は新着情報をご覧下さい。
 

所在地

080-0834
帯広市稲田町西19番地 

TEL        代表     0155(48)3051   
              職員室 
0155(48)2102 
              
育成寮  0155(48)2543   
               FAX   0155(48)3052 
E-mail     (代表アドレス)
               obino-z0@ hokkaido-c.ed.jp
             

アクセス

 

学科の出来事をお伝えします!

食品科学科
12345
2018/08/07

株式会社満寿屋商店交流事業 小麦収穫

| by 帯農教員

    先週までの猛暑とうってかわり、過ごしやすい気温の中、満寿屋商店様「麦音店」での交流事業として、4月17日に播種した小麦の収穫を8月6日に行いました。

小麦を収穫して、乾燥させる準備と、麦音に来店されたお客様の小麦収穫の補助を行いました。小さいお子様が楽しく小麦の収穫を体験する姿を見た生徒が、同じく楽しそうに一緒に収穫する姿に私も癒やされました。

小麦栽培の体験が小麦の収穫で終了となり、これからは、技術講習などの交流となります。


08:19
2018/08/07

第4回とかちスイーツコンテスト参加

| by 帯農教員

   十勝の食材を使った「十勝らしい」おいしいいスイーツを考案する。第4回とかちスイーツコンテストが8月2日(木)「とかちプラザ」にて行われました。

一次審査を突破した、食品科学科2年小麦分会の3名が当日学校にて、試食用にオリジナルレシピのヨーグルトムースタルト~ブルーベリージャム添えを作成し、本選に臨みました。

本選では、審査員に向けたプレゼンテーションと審査員による試食が行われました。生徒たちは、十勝晴の青をブルーベリーで、雪の平原をヨーグルトムースで十勝を表し、簡単で美味しい「十勝らしい」作品に仕上げましたと創作時の苦労を語っていました。入選はなりませんでしたが、これからもどんどんいろいろなコンテストに挑戦したいと話していましたのでこれからが楽しみです。

 


08:17
2018/08/07

食品科学科 Ⅰ期入寮期間修了

| by 帯農教員

   7月25日(水)食品科学科Ⅰ期入寮生の退寮式が行われました。本校育成寮では自営者養成を目的とした育成寮に1年次農業科学科、酪農科学科、食品科学科の3科の生徒が入寮して、実習や学習に取り組んでいます。農業科学科、酪農科学科は1年間の寮生活を行いますが、食品科学科の入寮期間は、20名ずつ4ヶ月程度となっています。

入寮期間では、早朝の実習や、学習会、講演会など様々な事柄にチャレンジしていました。自宅以外での生活はこれからの学校生活や社会人になってからの生活に活かされることと思います。夏休み明けからは、Ⅱ期入寮期間が始まります。学校生活に慣れてからの入寮ですので、早く寮生活に慣れて楽しく実のある入寮期間となればと思っています。



08:14
2018/07/18

平成30年度 帯農祭 食品科学科販売会終了のお礼

| by 帯農教員

   7月8日(日)に行われた帯農祭では、多くの方々にご来場いただきました。また、生徒の日頃の学習活動の成果をご覧いただくと共に、多くの方々に、生徒の生産物をご購入いただきました。曇天から天気も回復に向かい、最後には暑くなるような天候状態の中、大変長い時間お待ちいただきましたが、販売会を無事終了することができました。お礼申し上げます。

 食品科学科生徒が授業や時間外実習で製造した乳製品、農産加工品、肉加工品の加工食品を2年生と1年生が販売実習を行いました。生徒達にとって日頃の実習の成果を実感出来る学校祭となったと思います。ご来場いただき、ご購入いただいた皆様に重ねてお礼申し上げます。



14:42
2018/05/31

あぐりす 開店しました。

| by 帯農教員

   本校のアンテナショップである「あぐりす」が開店しました。平成30年度は12回開店予定となっておりますので宜しくお願いいたします。当日は、あいにくの雨となりましたが、多くのお客様にご来店いただき、また、開店時間までお待ちいただきましてありがとうございました。

食品科学科からは、乳製品、農産加工品の販売を行い、1年生は、注文、商品陳列や補充、商品受け渡しを体験し、2年生は、会計とお客様へのお声掛けを担当しました。緊張しながらもお互いに声を掛け合い、行動していました。これから夏に向けて、販売実習も多くなります。生徒の成長を楽しみにしています。



10:53
2018/05/15

第5回ブラック&ホワイトフェスティバル参加

| by 帯農教員

 今年で第5回目となる、ブラック&ホワイトフェスティバルに食品科学科2年生5名と3年生3名が参加しました。2年生は、校外での販売会参加初となり、緊張していましたが、販売準備中や販売中にも来場の方々より、激励や「美味しい商品だね」とお声を掛けていただき、元気よく販売実習を行うことができました。

また、第49回十勝ブラック&ホワイトショウのプレゼンターとして参加させていただきました。

 5月18日から始まる年12回の「あぐりす」での販売実習もありますので、宜しくお願いいたします。



08:38
2018/05/11

食品科学科「農業と環境」実習開始

| by 帯農教員

農業高校での必修教科になっている「農業と環境」の実習が始まりました。入学して間もない最初の時間は、実習についてのレクチャーを行い、実習服、加工服の正しい着方や、挨拶について指導を受けました。4/20から実際に圃場での実習が始まり、まず堆肥を畑に散布し、ここから畑への作付けが始まります。食品科学科では、大豆を中心に、カボチャ、スイートコーン、ジャガイモ、緑肥エン麦の栽培を行い、農業の基本を学習するとともに、作物ごとの品種特性を理解し、農産物加工に必要な原材料についての知識を、各班ごとに実習を通じて科学的に学んでいきます。

 

 写真は、ジャガイモの植え付けと緑肥の播種の様子(5/1実施)


10:14
2018/04/24

2年食品科学科 クラス意見発表大会

| by netcommons管理者

423日(月)1~2校時にクラス意見発表大会が行われました。春休み中にクラス全員が意見文を書き、その中から選抜された10名が発表。クラス全員と担任で審査をして、2名の代表を決めます。

今年度は、1年次に実施された鶏や豚のと殺・加工を通して学ぶ「命の授業」について書いている意見文が多かったです。

クラス予選を勝ち上がると、学年予選、校内大会、東北海道大会、全道大会、全国大会と繋がります。2年食品科学科の中から鹿児島県で行われる全国大会に出場する生徒が出ることを期待しています。


13:43
2018/04/23

平成30年度食品衛生責任者講習会終了

| by netcommons管理者

    4月20日(金)に、食品科学科3年40名が、食品衛生責任者講習会を受講しました。例年、開校記念日に行われていましたが、昨年度から専門性を高め、食品製造にかかわる者として衛生面の理解を深めるために、食品科学科3年生を対象に平日の授業内で行っています。

受講内容は、食品衛生学や公衆衛生学、衛生法規などで、近年の食中毒事件などの発生理由や事件後の対応を含め、詳細に指導していただき、食の安全安心を確保するためにどのようなことが必要なのかを、学習することが出来ました。


11:01
2018/02/05

食品科学科 毎日新聞農業記録賞 地区入賞

| by netcommons管理者
 第45回毎日農業記録賞に食品科学科2年 永沼 倫太朗君が「農家の6次産業」というテーマで応募し、高校生部門 地区入賞を果たすことが出来ました。
 赤井川村の実家の畑で有機栽培している野菜や果物を母がお菓子やパン、ピザといった食品添加物の入らないこだわりぬいた食品に加工し、父が建てたお洒落なカフェ等で販売しています。両親が仕事をする姿を見て農業という職業に憧れをもち「自分も農業をしたい」と思うようになり帯広農業高校で学んでいます。将来は農業を盛り上げていく6次産業を展開したいと考えています。しっかりとした目標を持ち夢の実現に向け実習等に取り組んでいます。今後も自分の意見を自信を持って発表していってもらいたいです。

14:27
12345