更新履歴

※各科の出来事、部活動の出来事は新着情報をご覧下さい。
 

事務局・当番校からのお知らせ

平成31年度(令和元年度)総合農学研究会加入申込について
各学校への加入申込(依頼).pdf
北海道総合農学 加入申込書.doc
 

所在地

080-0834
帯広市稲田町西19番地 

TEL        代表     0155(48)3051   
              職員室 
0155(48)2102 
              
育成寮  0155(48)2543   
               FAX   0155(48)3052 
E-mail     (代表アドレス)
               obino-z0@ hokkaido-c.ed.jp
             

アクセス

 

学科の出来事をお伝えします!

酪農科学科
12345
2019/11/11

子豚の健康チェック

| by netcommons管理者
 11月8日、酪農科学科1年生、畜産の授業で子豚の健康チェックを行いました。今回チェックした項目は、外貌・体重・体温・心拍数・呼吸数です。子豚は45日齢で体重は15kg前後で、生時体重の10倍になりました。
 最初に子豚を捕まえ、抱っこし子豚を落ち着かせます。体温は直腸で検温し、心拍数は聴診器で、呼吸数は鼻の動きで30秒間数え2倍して1分間の数としました。
 診断の結果は7頭全て範囲内にあり順調に育っていることを確認できました。

12:52
2019/11/06

JICA研修員訪問

| by netcommons管理者
   11月1日、酪農科学科1年生40名とJICA研修員との交流事業を実施しました。訪問された研修員の課題は「地球資源に基づいた乳肉生産のための牛の飼養管理」で、出身国はスリランカ3名、ミャンマー2名、パプアニューギニア1名の計6名です。
 最初に研修員から自国の紹介と自己紹介があり、それぞれの国の牛の品種や飼養管理方法について学ぶことが出来ました。
 昼は日本の伝統食(梅干し、たくわん、塩から)を食べてもらい、それぞれの感想を頂きました。その後全員で寮の弁当を食べ交流しました。
 午後からは、1年生の代表5名が自らスクールライフのプレゼンを英語で行いました。 研修員はその後校内や農場、寮、部活動を見学し訪問日程を終了しました。生徒にとっては外国の文化や農業に触れる貴重な授業となりました。

16:26
2019/11/06

「BACK TO SCHOOL!」でみやぞんがやってきた!

| by netcommons管理者
10月30日フジテレビ系で放映された「BACK TO SCHOOL!」初回2時間スペシャルのロケで、酪農科学科2年生に転校生としてみやぞんがやってきました。
 ロケでは、授業や部活動、実習や寮生活など生徒と一緒に生活し、恋愛のことなどアドバイスや行動を起こさせる勇気を与えてくれました。
 たった3日間でしたが、みやぞんの人柄や人間性に生徒はどんどん惹かれていき、一生の思い出になるかけがえのない時間となりました。

16:07
2019/10/29

豚の放牧終了と離乳

| by netcommons管理者
 10月25日、6月1日生まれの放牧していた豚が寒くなったので放牧を終了し、バイオベッドへ移しました。体重は70kg近くあり、年内に出荷する予定です。
 更に9月24日生まれの子豚を離乳しました。体重は10kg前後で、肥育房へ移動しました。12月にバイオベッドが空いた後そこへ移動します。
 定期的な体側や健康チェックを生徒が行っているので、順調に育っています。

09:23
2019/10/29

家畜に感謝する会

| by netcommons管理者
   10月8日、酪農科学科全生徒及び教職員により、毎年恒例の家畜に感謝する会を実施しました。最初に黙祷を捧げ、家畜への感謝の意を表しました。その後、3年生が各学科より規格外品等の食材を集め、ピザ釜でピザを焼いたり、大鍋で豚汁等を作りみんなで美味しく頂きました。
 この美味しく頂くことで、命を頂くという意味を生徒は実感でき、高い教育効果のある行事にすることができました。

09:20
2019/10/07

豚の去勢

| by netcommons管理者
  10月4日、酪農科学科1年生の畜産の授業で豚の去勢を行いました。9月24日生まれの豚で、本日でちょうど10日齢です。今回生まれた豚は7頭でその内3頭が雄でした。
 去勢は観血去勢法で実施し、処置後豚は何事もなかったように母乳を飲んでいました。豚のたくましさを感じました。

19:36
2019/10/07

念願のピザ釜完成

| by netcommons管理者
   10月2日、春から計画していたピザ釜が遂に完成し、ピザの試食を行いました。
 酪農科学科では数年前にもピザ釜はあったのですが、風雪に耐え切れず倒壊しました。その後しばらく残骸だけになっていましたが、今年度の酪農科学科3年生、課題研究の自営専攻班7名が、将来の6次化も見据えて再建に取り組みました。セメントの工程は農業土木工学科、中の骨組みは森林科学科の協力を得て無事完成しました。更にピザの具材の野菜は農業科学科、ベーコンとチーズは酪農科学科が生産し食品科学科が加工した規格外品を提供して頂き、全学科協力の下、帯農ピザを完成することができました。

19:34
2019/09/18

鶏肉のプロのさばき方を学ぶ

| by netcommons管理者
 9月3日、網走にあるホワイトファーム株式会社より3名の講師の方が来校され、酪農科学科と食品科学科1年生へ鶏肉についての講義をして頂きました。
 最初に我が国の鶏肉の流通と動向について学習し、その後実際に鶏肉のさばきの実演を行いました。
 今実際に飼育しているニワトリを来月さばくことになるので、とても勉強になりました。

09:24
2019/09/03

簿記検定クラス全員合格

| by netcommons管理者
  酪農科学科3年生が、全国商業高等学校協会主催簿記実務検定3級にクラス40名全員合格することが出来ました。
 クラス全員合格は初めてで、補習を何回も受ける生徒もいて、よく耐え、よく頑張りました。

19:15
2019/09/03

動物園で勉強会

| by netcommons管理者
  8月29日、酪農科学科3年生13名が選択授業「畜産活用」で、動物園に学習に行きました。大変お忙しい中、柚原園長様自ら案内して頂き、普段見ることの出来ない象のバックヤードなど、とても貴重な経験をすることが出来ました。
 普段家畜しか見ていない生徒にとって、違った形の展示動物を見ることによって、新たな動物に対しての考え方を感じることが出来るいい機会になったと思います。

19:12
12345