更新履歴

※各科の出来事、部活動の出来事は新着情報をご覧下さい。
 

所在地

080-0834
帯広市稲田町西19番地 

TEL        代表     0155(48)3051   
              職員室 
0155(48)2102 
              
育成寮  0155(48)2543   
               FAX   0155(48)3052 
E-mail     (代表アドレス)
               obino-z0@ hokkaido-c.ed.jp
             

アクセス

 

学科の出来事をお伝えします!

酪農科学科
12345
2018/05/16new

酪農科学科 プロジェクト計画発表会

| by 帯農教員
   5月11日、育成寮食堂を会場に酪農科学科プロジェクト計画発表会が開催されました。発表班は2・3年生の乳牛班、動物バイオ班、飼料作物班、資源循環バイオ班、養豚班と1年生の農業と環境班の計11班です。積極的な質問が飛び交い、活気ある発表会となりました。

08:29
2018/05/16new

酪農科学科 豚の放牧始まる

| by 帯農教員
   5月10日の放課後、豚の放牧を開始しました。初放牧の日は毎回豚が電柵に触れ悲鳴をあげ、放牧地から脱走することがあるのですが、今回は豚舎内で電柵の馴致を行いました。その成果もあり、豚が学習していたため、ほとんど感電することもなく、スムーズな放牧初日となりました。翌11日は1年生の畜産の授業で放牧地の説明と豚の観察を実施しました。


08:27
2018/05/11

酪農科学科 ビート資料館見学

| by 帯農教員
   5月7日、3年生の選択授業で畜産活用を選択している15名がビート資料館を見学しました。もともとは家畜の飼料用として栽培されていた生い立ちもあるビートがやがて十勝の主要作物になった歴史や栽培方法を学ぶことが出来ました。資料館では映像も交え、担当の方からとても親切な説明をしていただき、ありがとうございました。

10:15
2018/05/02

4/27 南十勝B&Wショウ

| by 帯農教員
   今年度の共進会が始まりました。帯広農業高校酪農科学科ホルスタインクラブでは、毎年、大樹町で開かれる南十勝B&Wショウから参加いたします。出品牛は第1部育成ジュニアクラスのカチノー セシリアン アレツクスと第8部2歳経産シニアクラスのカチノー ゴールド マツカチエン ETの2頭です。第8部で見事3位に入賞することができました。次の共進会は5月13日に音更町で開催される十勝B&Wショウになります。今回の南十勝B&Wショウ参加に際しまして、主催の大樹町乳牛改良同志会様および帯広市川西乳牛改良対策部様には大変お世話になりました。深く感謝申し上げます。また、大樹町在住の本校卒業生には飲み物の差し入れも頂きました。ありがとうございました。

18:54
2018/05/02

4/25 酪農科学科1年生時間外実習

| by 帯農教員

    4月10日に入学した1年生の時間外実習が4月18日から始まりました。酪農科学科では牛舎、豚舎、鶏舎、食品加工の実習が1年間計画されています。牛舎では搾乳や仔牛の哺乳、飼料給与、除糞などの作業を行います。真新しい実習服を身にまとい畜舎へ向かった生徒達は、慣れない作業に真剣に取り組んでいました。実習開始時、辿々しかった動きも1週間後にはテキパキできるようになっていました。今後様々な実験実習を通して、酪農経営者および酪農関係産業従事者になるべく学んでいきます。


18:47
2018/05/02

酪農科学科 豚の飼料作り

| by 帯農教員
   4月27日、1年生の畜産の授業で、昨年乳牛の飼料用トウモロコシの実だけをお裾分けしてもらい半年乾燥させたものを、今回は俵から子実をとる実習を行いました。豚に食べさせるにはこの粒をさらに粉末にしなくてはなりません。このことにより、生徒は購入飼料だけに頼るのではなく、自給飼料率を高めるという学習をすることが出来ました。また、休憩時間には生徒は豚と戯れていました。

09:55
2018/05/01

酪農科学科 ネコカフェ体験

| by netcommons管理者
4月25日、畜産活用を選択している3年生15名が「猫たちを守る十勝Wishの会」の見学に行きました。会代表の原田様より活動概要の説明を聞き、その後各エリアの猫の観察とふれあいを体験しました。エリアはエイズに罹っている猫、身障の猫、人間に心を開いていない猫などに分けられていました。いろんな生い立ちを持った猫がいて、すべての猫を見捨てることなくWishの会では引き取っています。
 最後に生徒へ猫を飼うなら次のルールを守ってほしいと、熱く語ってくれました。
 ①猫は家の中で飼いましょう。
 ②屋外で猫に餌をあげないようにしましょう。
 ③不妊、去勢手術をしましょう。
     大変勉強になりました、ありがとうございました。
08:38
2018/04/19

酪農科学科 十勝の馬について学ぶ

| by 帯農教員
   4月16日、酪農科学科3年生の選択授業「畜産活用」を選択した15名が、おびひろ競馬場にある「馬の資料館」を見学しました。前日大雪が降りましたが、この日は最高の天気であったため、自転車で移動し、ばんばの歴史や十勝での馬の歩みについて学ぶことができました。

17:22
2018/04/19

酪農科学科 初めて外に出ました。

| by 帯農教員
 4月13日、2月1日生まれの肥育豚がこの日初めて外に出ました。外といってもバイオベッドの上で、バイオベッドとは麦の殻を細切し、1m近く積みその上に豚を放し、自らの糞尿で発酵させ、冬でも無加温で飼える方式です。さらに、その麦殻は良質な堆肥にもなります。
 肥育豚は最初はおそるおそる歩いていましたが、2~3日で走り回るようになりました。4頭元気に育っています。

17:14
2018/02/08

酪農科学科 寒い冬でも無加温で元気

| by netcommons管理者
 今年の冬はとても寒いのですが、9月10日生まれの豚は屋外のバイオベッド元気に育ってます。
 バイオベッドとは麦稈(むぎわら)を細切して90cmくらい積み、その上に豚を放して、豚の糞尿で自然発酵させ、その発酵熱で育てる方式です。中心温度は70℃くらいまで上がります。糞尿を処理をすることもなく、その麦稈は良質な肥料ともなるため、環境にもコスト的にもとてもいい方式です。
 また、2月1日には新たに豚が5頭誕生しました。

14:30
12345