学科の出来事をお伝えします!

農業科学科
1234
2021/02/15

トマトの生育調査

| by netcommons管理者

 1年生の野菜の授業で、トマトの生育調査を行いました。2年生からトマトの栽培を勉強するに当たり、1年生からトマトの生育調査を開始しています。トマトの植物体ならびに種子のスケッチを行いました。

 3月下旬には、トマトの定植を行います。それに向けて、しっかりとトマトの生理・生態の勉強もしていきたいと考えています。


17:22
2021/02/02

1年農業科学科 除雪作業

| by netcommons管理者
1月28日(木)ハウス周りの除雪作業を実施しました。

はじめに、落雪などの注意喚起を行い、安全に実習をすることとハウス周りの電気配線や燃料の配管を傷つけないように注意をしました。

ハウスサイドの積雪が多くなると、屋根の雪とつながり雪が落ちなくなります。最終的には倒壊の恐れがあるため、この時期に必要な実習であることを教えることができました。

 最後には、“おしるこ”を飲んで体が温まりました。

11:52
2021/01/28

農業科学科3年 髙橋大和君 JGAP指導員資格取得

| by netcommons管理者

 1年生の時から農業科学科のGAPチームに所属し、主体的に活動してきた髙橋大和君。今年度は大豆認証のチーフとして中核を担ってくれました。そんな髙橋君がこの度、高校生でJGAP指導員基礎研修を受講。1月に無事、指導員資格を取得し、先日、北海道新聞社様の取材を受けました。

 指導員研修では、GAPに関連するすべての管理点について学びます。高校生では難しい内容もある中、「今までやってきた復習をしているようで、充実した勉強でした。」と語る髙橋君。いつかこの資格を活かして、地域農業発展に力を尽くしてくれることと思います。

 今後の活躍に期待しています。


11:56
2021/01/27

JICA研修員嶺元先生による講話

| by netcommons管理者

 平成31年3月、JICA研修員としてパラグアイに行くため、帯農を発たれた嶺元先生。コロナウィルスで7ヶ月という任期で帰国し、約半年前に学校に戻ってきました。今回、そんな嶺元先生のご厚意で、3Aのための最高で最後の授業が実現しました。

 1年生の時にこのクラスにカボチャ栽培を教えてくれた嶺元先生。また話が聞けるなんて、生徒たちは嬉しい限りです。1年半の歳月を経て、1月21日(木)、嶺元先生がどのような研修をされてきたのか、詳しくお話を聞くことができました。

 長野県での勉強の日々、語学との葛藤、現地での生活と日本とは違う農業スタイル。楽しかったこと、辛かったことなど様々な体験談は、今の3年生にとって、とても感慨深く、心を打たれる時間となりました。最後に嶺元先生がおっしゃっていた『いつだって扉を開くのは自分次第』、その言葉を胸に、39名もうすぐこの学び舎を巣立ちます。

 


10:48
2020/12/22

3年目のASIAGAP認証を無事取得

| by netcommons管理者

 農業科学科のASIAGAP認証。3年目の今年、昨年度までに取得した5品目(小麦、大豆、小豆、馬鈴薯、長芋)に新たに『枝豆』を加え、計6品目の認証を取得することができました。

 12月17日(木)、外部指導員の西澤克浩様、帯広畜産大学助教の窪田さとこ先生をお招きして報告会を行い、GAP活動と審査会報告、来年度目指す取り組みについて発表し、農業科学科全員で成果を共有しました。

 1年生から活動に携わってきた3年生もこれでGAP活動が終了となり、1年生と2年生にバトンが渡されました。チーフの3年本多君、森谷君は「認証まで本当に大変でしたが、ここまでやれて良かった。来年の継続審査に向けて頑張ってほしい。」と後輩に温かいエールを送りました。


09:22
2020/12/15

長いもの比較食味試験

| by netcommons管理者

 12月7日(月)長いもの食味試験をしました。また、2年農業科学科の三好君の家が栽培している「和稔じょ」を提供していただき、比較食味調査を行いました。

 2品種(帯農産長いもと和稔じょ)の長芋を擦った状態で、「色、香り、粘り」などを1~5段階評価で食味調査を行いました。生徒は和稔じょの方が“甘み”や“香り”が良いと評価していました。


09:09
2020/11/17

ASIAGAP認証 更新審査終了

| by netcommons管理者

 1111日(水)、12日(木)ASIAGAP Ver2.2)の認証取得に向けた更新審査が行われました。インターテック・サーティフィケーション株式会社から審査員、手塚房夫様が来校し、GAP管理点すべての審査を受けました。昨年まで5品目(馬鈴薯、長芋、大豆、小麦、小豆)の認証をいただき、今年は新たに枝豆を追加し審査を行いました。

 農業科学科GAPチーム87名の生徒は、GAPに関する学習や書類作成、圃場や施設管理などに主体的に関わり、この日のために準備を進めてきました。

 審査はすべて生徒が応答し、最初は緊張した面持ちでしたが、担当する作物やルールについてしっかり説明することができました。今回是正を受けた10項目をやり直した後、来年1月頃に認証という運びとなります。


14:15
2020/11/10

農業科学科1年生 長いもの収穫

| by netcommons管理者

 11月2日(月)長いもの収穫をしました。今年は、重量調査において1個当たりの重量が多く、分岐芋やリング状の亀裂が少ない結果となりました。また、種いもの首・胴・尻の部分別収量調査では、“胴”が10a当たり6,385㎏となり、一番収量が良いことがわかりました。

 収穫する喜びは格別で、今までの除草作業の苦労が報われました。


17:16
2020/10/30

農業科学科1年「作物」甜菜の収穫

| by netcommons管理者

 令和2年1026日(月)農業科学科1年「作物」の授業で菜甜の収穫を行いました。

 1220a栽培している甜菜を一つひとつタッピングし、トラクタに積み込みました。

収穫した甜菜は一つ1kgほどあり、およそ170gの砂糖ができます。収穫した甜菜は日本甜菜製糖株式会社へ出荷し、製品に加工されます。

08:08
2020/09/15

1年農業科学科 農業と環境 カボチャの収穫および収量調査

| by netcommons管理者

   9月8日(火)カボチャの収穫と収量調査を実施しました。また、収量調査を行うことで、出荷規格を理解し、目標とする収量を得られたかなどを確認することができました。

 この日は、とても暑い中でしたが、集中力が切れないで頑張っていました。

14:00
2020/09/01

農業科学科2年「作物」ジャガイモの収穫・ライマン価の測定

| by netcommons管理者

 令和2年8月28日農業科学科2年「作物」の授業でジャガイモの収穫を行いました。

 生徒は、30℃を超える気温の中、ポテトハーベスターに乗り、規格外品や緑化したジャガイモの選別を行いました。また、各班でこれまで生育調査を行ってきた調査区のジャガイモのライマン価(デンプン含量)を専門の機器を用いて測定しました。


10:42
2020/09/01

野菜 スイカの収穫(露地栽培)

| by netcommons管理者
 8月31日(月)スイカの収穫を実施しました。また、収量調査を行うことで、目標とする収量を得られたかなどを確認することができました。

 最後は、スイカを切って食べました。とても甘くておいしかったという声が聞こえてきました。


08:26
2020/08/06

1年農業科学科 時間外実習

| by netcommons管理者

 8月4日(火)9時から時間外実習を実施しました。1年生26名の生徒がメロンの撤収作業やダイコンの播種を行いました。メロンの撤収作業では、どのように作業すれば効率が良いのかを考えながら取り組みました。

 また、メロンの規格外品をカットメロンにして職員販売を行いました。

15:53
2020/08/06

1年農業科学科 時間外実習(草刈り実習)

| by netcommons管理者
  7月31日(金)夏季休業前全校集会が終わり、13時から草刈り実習を実施しました。防風林の株元は機械が入れないので、鎌を使って除草をしました。また、当日はとても暑い中でしたが、水分と塩分を補給しながら頑張っていました。

15:49
2020/07/22

3年生 土壌断面講習会

| by netcommons管理者
 株式会社日の丸産業社様後援で、株式会社齊藤ファーム代表取締役 齊藤 義崇 様を講師にお招きし「土壌断面講習会」が令和2年7月17日に農業科学科3年「土壌肥料」の授業で行われました。
 普段、なかなか見ることのできない“土の顔(土壌断面)”を生徒全員で協力して掘り起こし、地表面から1m以上も土中に伸びる小麦の根の力強さに驚きました。講習の中で「圃場の土壌断面形態には作物の生産に関する数々の大事な情報が収縮されている。作物を生産する上でこの情報を知ることが重要である。」というお話が印象的でした。

11:05
2020/07/21

3年野菜 メロンの収穫

| by netcommons管理者

7月20日(月)メロンの収穫が始まりました。今年は6月下旬から日照不足と低温で、植物体の生育とメロンの肥大が鈍いように感じていました。しかし、1.5㎏以上のものが多く収穫ができ、2kgを越える大玉も収穫できました。暑い中での実習や初めての栽培管理の苦労が報われました。

 最後には、先に試し切りしていたメロンを食べて、収穫の喜びを感じていました。


13:51
2020/07/21

1年生野菜 トウモロコシの生育調査および長いもの害虫調査

| by netcommons管理者
 7月20日(月)トウモロコシの生育調査を実施しました。草丈、葉数の調査を行いましたが、生徒の腰ぐらいまで生長していました。
 また、長いもの害虫調査をして、アブラムシの発生を確認しました。

13:46
2020/07/17

3年生 メロンとスイカの整枝

| by netcommons管理者
 7月13日(月) メロンとスイカの整枝を行いました。順調に実が大きくなってきました。特にスイカは、タヒチという大玉品種を栽培しているため、一週間で大きく生長しています。
 また、つる割れ病にかかった株があったので伝染しないうちに撤去しました。

09:05
2020/07/17

1年生 トウモロコシ撤収作業と果菜類の出荷調整

| by netcommons管理者
 7月13日(月) トウモロコシの撤去作業と果菜類の出荷調整を行いました。トウモロコシは、収量調査が終了したので、根から抜き取り撤収をしました。
 また、果菜類(トマト、ナス、ピーマン)の出荷調整では、指定されたグラムに合わせて袋詰めをしました。

08:57
2020/07/02

3年生 野菜 メロンとスイカの整枝および人工授粉の実際

| by netcommons管理者
 6月29日(月)メロンとスイカの整枝を行いました。しかし、雌花が落ちているものが多数有りました。これは天候不順によるもので、夜温が13℃以下になる日が続くと、落花してしまいます。早く天候が回復することを願うばかりです。
 また、スイカの人工授粉を実施しました。級友の担当する株から開花している雄花を、自分の担当する株の雌花に人工受粉を行いました。

17:17
1234