日誌

柔道部のページ
12345
2021/03/11

~令和2年度北海道帯広農業高等学校柔道部卒業式~

| by netcommons管理者

 今年は9名が卒業し、新たな人生の門出に立ちました。

 この世代は男子個人試合で優勝。男子、女子とも大会会場を沸かす大熱戦を繰り広げた高校選手権北海道大会。柔道部員、保護者の皆様と一丸となって声援を送ったあの時間を絶対に忘れることはできません。

昨年からのコロナウィルス感染拡大の影響で全ての大会が中止となりましたが、卒業生1人ひとりが進路実現と並行しながら、後輩のために沢山の時間を共有してくれました。

 本当に感謝しています。3年間の努力と想いを、自分自身でしっかりと受けとめ、人生の糧となる素晴らしい言葉を残してくれました。この想いを自分の強みとして、これからの人生を歩んでください。卒業おめでとう!



~自分を信じて、仲間を信じて~

顧問 田中友和


17:00
2021/03/11

~努力の結晶~

| by netcommons管理者

 高校入学から柔道部員として稽古に励んできた2人。

 目標の1つでもある初段取得。そして「黒帯姿」を披露しました。本当によく頑張りました。この成果を自信にして、次の夢を描きはじめましょう。

 柔道は高校からでも、十分に取り組むことができるスポーツです。また柔道初段は貴重な資格の1つになります。高校卒業後の幅広い進路活動にも生かされます。

 このホームページを御覧の皆様、帯農柔道部で新しい夢を叶えませんか。

 帯農で頑張りたいという皆様をお待ちしています。



~自分を信じて、仲間を信じて~

顧問 田中友和

 


16:56
2021/02/05

~帯農柔道部全員で、勝ち取った優勝~

| by netcommons管理者

 令和3128日(木)~29日(金)で行われました第43回全国高等学校柔道選手権大会北海道大会において、8年ぶりに北北海道優勝。また今大会で最後となる南北大会において、「帯農優勝」で締め括れたことに、大きな喜びと深い感動があります。
 今年度は、コロナ禍でしたが、本大会に照準を合わせて、柔道部全員で想いをひとつに準備してきました。北海道大会に出場できる喜びをかみしめながら、1人ひとりがチームのために役割を果たしてくれました。3月の全国大会では団体試合は実施されませんが、この経験を来年度の全国高校総体に向けて、稽古を積み重ねます。
 柔道部保護者の皆様、関係者の皆様、御支援をありがとうございました。



~自分を信じて、仲間を信じて~

顧問 田中友和


16:25
2021/01/27

~柔道初段 黒帯2人目~

| by netcommons管理者

 今年度、本格的に柔道に取り組みたいと帯農柔道部に入部。中学までは野球部員として活躍。その運動神経で柔道もメキメキと上達し、先日の大会では決勝戦では敗れたものの準優勝。その決勝戦の相手と、今回も試合することを想定し、万全な対策を取り入れて稽古に取り組んできました。そして、対策を生かした背負投で一本勝ちを収め、3戦全勝。

 見事に合格し、晴れて講道館柔道初段を取得。次は団体試合レギュラー入りを期待しています。


~自分を信じて、仲間を信じて~

顧問 田中友和


10:59
2021/01/27

~柔道初段 黒帯1人目~

| by netcommons管理者

 帯農柔道部に特別な思いを抱えて、この昇段試合に臨んだ選手がいます。

 本格的に柔道を始めようと帯農柔道部に入部。しかし高校入学から今まで、2回の手術を受ける大怪我をしました。2年生のこの時期まで、大会にも出場することすら許さない状況。リハビリを重ねる日々が続いていました。

 それでも今回の昇段試合に照準を合わせ、痛みを堪えながらの稽古で自分自身と向き合ってきました。

 そして、見事に合格し、晴れて講道館柔道初段を取得。この経験から、何か大切なことを学んだのではないでしょうか。次は大会初出場、初優勝ですね。



~自分を信じて、仲間を信じて~

顧問 田中友和


10:54
2021/01/25

~鏡開き柔道大会~

| by netcommons管理者

 高校柔道界も、コロナの影響で全ての大会が中止となり、今年度初の公式大会となりました。大会が開催できることに関係者の皆様に感謝するとともに、柔道ができる喜びを改めて感じた大会となりました。

 1年間の練習の成果を発揮した結果と内容になりました。初段の部においては、帯農同士が決勝戦を戦い、各部含めた5名が入賞しました。

 それぞれが持っている力を出し切った試合でしたが、実践から見える個々の課題も明確となり、日々の稽古で取り組んでいきたいと思います。



~自分を信じて、仲間を信じて~

顧問 田中友和


15:39
2021/01/25

~高校柔道、区切りの試合に~

| by netcommons管理者

 帯農3年生でエントリーしたのは1人だけ。

 複雑な想いを背負い、最後の畳に立った。本来なら、昨夏のインターハイに出場し完全燃焼して、進路実現しているはずだった今年度。

 自分のなかで、“区切り”を付けるために出場した大会だったと思います。

 進路活動と並行しての稽古。本来の半分にも満たない稽古量のなか、調整して臨んだ大会でした。決勝戦のみのワンマッチを得意の寝技で一本勝ちし、高校柔道の最後を締め括りました。本当にお疲れさまでした。最後の最後まで、よく頑張りました。



~自分を信じて、仲間を信じて~

顧問 田中友和


15:31
2021/01/25

~高校入学後、初の公式大会~

| by netcommons管理者

 1年生にとっては、長い9ヶ月間だったと思います。

高校でも柔道を頑張ろうと決意した矢先に、コロナウイルス感染症が世界に広がり

柔道界においては、全ての大会が中止されました。今回、やっとの思いで大会出場まで辿り着くことができました。

 初段の部に出場した選手は、久しぶりに試合の雰囲気を楽しみ、入賞を果たした。

「来年は優勝します!」と意気込む。有級の部に出場した選手は、「緊張した。相手の力が強かった。次は負けません。」と自分の課題を見直した。

 128日(木)~29日(金)の第43回全国高等学校柔道選手権大会北海道大会に向けて、帯農柔道部1年生の経験値が更に高まった。



~自分を信じて、仲間を信じて~

顧問 田中友和


15:25
2021/01/13

~最後の稽古は大掃除~

| by netcommons管理者

 沢山稽古させて頂いた道場を綺麗に大掃除しました。

 今年は、汗よりも沢山の涙を流す選手や場面が多かったかも知れません。色々な想いもさっぱりと洗い流しましょう。
 来年の帯農柔道部、選手1人ひとりの成長と、飛躍を願いながら、2021年を迎えます。まずは、令和3128日(木)~29日(金)の第43回全国高等学校柔道選手権大会北海道大会で、昨年の先輩方に続き、全国大会出場を狙います。


~自分を信じて、仲間を信じて~

顧問 田中友和



14:50
2021/01/13

~大相撲の四股~

| by netcommons管理者

 稽古の一環で、相撲の基本である“四股”を講習して頂きました。

 柔道部員の保護者で大相撲経験者の方に、重心移動、体幹強化や足腰の筋力強化など柔道の場面においても共通するところを指導して頂きました。

 私たちが何気なくやっている四股でしたが、「本物」は全く異なるものでした。改めて11つの動作の意味、実施上のポイントを説明して頂くと、自然と汗が滲み出るほどでした。これからは“足腰のねばり”の帯農柔道部に期待してください。


~自分を信じて、仲間を信じて~

顧問 田中友和


14:45
12345