更新履歴

※各科の出来事、部活動の出来事は新着情報をご覧下さい。
 

所在地

080-0834
帯広市稲田町西19番地 

TEL        代表     0155(48)3051   
              職員室 
0155(48)2102 
              
育成寮  0155(48)2543   
               FAX   0155(48)3052 
E-mail     (代表アドレス)
               obino-z0@ hokkaido-c.ed.jp
             

アクセス

 

学科の出来事をお伝えします!

森林科学科
12345
2019/09/20

森林科学科1年 林業現地視察見学実習

| by netcommons管理者
 9月6日(金)午前中は高性能林業機械実機研修会で最新の林業機械を見学しました。初めて見る林業機械の動きや大きさに圧倒されました。ハーベスタは「伐木、枝払い、玉切り、集積」の一連の作業を人の力だけでは到底できない時間と力であっという間に行ってしまい驚きました。また、コベルコ建機株式会社の髙橋様と櫻田様の指導で小型ショベルの簡単な操作を体験させていただきました。お忙しい中、対応いただき誠にありがとうございました。午後からは有限会社大坂林業様でどんな方法で苗木生産が行われているのか見学させていただきました。広大な苗畑では機械化されている所と人の手で一つ一つ確認しながら作業する所と状況に応じて、工夫し改良を重ね、丁寧に苗木を育てていることを知りました。本校でもカラマツを播種しましたが、その面積と本数の違いに驚きました。今回の見学は昨年とこの春に卒業した先輩2人が中心となって、プレゼンや社内を案内、説明してくださいました。色々な話を聞くこともでき進路を考える上で励みになりました。見学当日は複数の見学会が重なっているお忙しい中、対応いただき誠にありがとうございました。

14:05
2019/09/13

フォークリフト講習会

| by netcommons管理者

8月7日、8日(1クラスのみ9日)の2日間、フォークリフト(最大荷重1t未満)の作業免許取得講習会が行われました。

 7日は教本をもとにした座学講習。重機の安全点検や操縦方法、法令などを学びました。8日および9日は実技講習。実際に車両に乗り、車両運転の基礎から実際にパレットの積み降ろし行程等を行いました。これらの資格を取得することによって将来の進路選択の幅が広がります。

10:12
2019/09/13

夏季休業中公務員講習会

| by netcommons管理者

国家公務員および地方公務員採用試験が今年度も9月に行われます。「合格したい!」と思っている人は希望者全員です。やはり知識や技術をしっかりと理解していなければ、採用されない。合格しない。と言っても過言ではありません。今年度も採用に向けた公務員講習会が主に夏休みに行われました。朝9時から開始。終了は16時です。毎日たくさんの学習をしています。その結果がしっかりとした形で残るよう、頑張っています。公務員採用試験最終合格発表は11月および12月です。


10:10
2019/09/09

帯広の森 はぐくーむでのボランティア活動

| by netcommons管理者
 9月8日、帯広の森はぐくーむで「森の寺子屋 草の巻」が行われました。森林科学科3年生森林利用班5名がボランティアとして参加し、オオアワダチソウの抜き取りとその花を使った草木染めを行いました。オオアワダチソウは外来種であり、それを抜き取ることで十勝にもともとあった在来の草花が生育できるようになります。10月14日(月祝)に行われるはぐくーむ秋まつりでは、これまでの経験をもとに、自分たちで企画の運営を行います。ぜひ皆さんお越しください。

10:07
2019/08/16

森林科学科3年 企業実習

| by netcommons管理者
 森林科学科3年生が夏休みを利用して企業実習に取り組みました。これは卒業後に林業、木材産業への就業を希望している生徒が、実際の林業、木材産業の現場を学ぶために管内の林業事業体で行う実習です。今年度は十勝大雪森林組合(音更町)、十勝広域森林組合(芽室町)、井原林産株式会社(帯広市)、北村林業株式会社(浦幌町)、株式会社イエツネ林業(足寄町)の皆様のご協力のもと、4名の生徒が取り組みました。事業体の皆様の丁寧なご指導の元、下刈り、伐木造材、森林調査、製材など、各事業体の業務について理解を深めることができました。この経験を元に、今後の進路活動を更に進めていきます。受け入いただきました事業体の皆様、ありがとうございました。

09:55
2019/08/05

稲田第2児童保育センターとの森林交流会

| by netcommons管理者
 7月27日、毎年恒例となっている3年森林科学科 森林利用班の生徒たちによる森林交流会が行われました。稲田第2児童保育センターの子どもたちを学校林に招き、森について楽しく学びました。道具を使って木の高さを測ったり、耳を澄まして生き物の声を聞いたり、葉っぱを使って音を鳴らしたり、高校生たちがアイディアを出し合って作った問題を一緒に解いていきました。この日は雨上がりの蒸し暑い中でしたが、子どもたちは元気いっぱい森の中を走り回ります。この企画は、秋、冬と続き、季節ごとの森の変化を感じてもらう予定です。

09:34
2019/07/30

チェンソーと刈払機の資格取得

| by netcommons管理者

森林科学科では2年次に、北海道森林整備担い手支援センター様のご支援のもと、全員がチェンソーと刈払機の資格を取得します。今年は7月17日~19日の3日間にわたり講習を受講しました。初めて扱う機械ですが、北海道林業機械化協会の藤八様をはじめとする講師の先生方の丁寧なご指導の下、修了することが出来ました。


09:30
2019/07/17

学校林歩き

| by netcommons管理者
   1年生春に実施される恒例の実習「学校林歩き」です。校地内にある約28haの学校林を歩いて、植生の違い、土壌の様子、カラマツやミズナラ植栽地などを2時間続きの授業で見てきました。ここ数年は雨天により、途中で引き返すなど最後まで実施できていませんでしたが、これまでの先輩方が育ててきた森林の様子、森づくりの方針などを直接見て学ぶことができました。1林班(約13ha)はカシワなど広葉樹林、第2林班(約6ha)はトドマツ、カラマツ、アカエゾマツなど針葉樹林、第3林班(約9ha)は針葉樹の植栽地やミズナラ植栽地などについて説明を受けました。

今後も苗木の植え付け、下刈りなどの保育作業、伐木実習、測量など様々な活動を学校林で行っていきます。


17:22
2019/07/06

ツリーイング初挑戦

| by netcommons管理者

 森林科学科1,3年生は、ロープを使った木登りツリーイングに挑戦しました。ツリーイングの技術は、近隣に住宅や文化財があるなどの理由で通常の伐採が難しい場所での伐採に用いられますが、今回は、普段とは違った視点で森を観察し、森林を楽しむことを目的に実施しました。

 ツリーイングに使った木は校内にあるクロビイタヤです。講師である帯広の森はぐくーむの大石様、日月様からは、道内で絶滅危惧種であるクロビイタヤの大径木があるのは大変珍しい、といわれ改めて恵まれた環境で森林について学んでいることを実感しました。はじめは体の使い方に苦戦していた生徒たちも、慣れてくるとともにスムーズに上れるようになり、いつまでも樹上にいる生徒、次から次へ別のロープを上る生徒、ロープを揺らしてブランコを楽しむ生徒、それぞれ思い思いの楽しみ方を見つけていました。

10:49
2019/07/06

3F 次世代の林業担い手による森林・林業体験活動

| by netcommons管理者
 6月21日森林科学科3年生を対象とした現場見学が十勝流域森林・林業活性化センター様主催で行われました。今回は床固め工などの治山施設や林道工事の現場を見学しました。また、十勝総合振興局森林室では、濱田室長より「森林と人間とのより良い関係づくりのためにこれからも森林・林業について学んで欲しい」と励ましの言葉をいただきました。多くの方に支えられながら研修を終えることが出来ました。ありがとうございました。


10:44
12345