更新履歴

※各科の出来事、部活動の出来事は新着情報をご覧下さい。
 

所在地

080-0834
帯広市稲田町西19番地 

TEL        代表     0155(48)3051   
              職員室 
0155(48)2102 
              
育成寮  0155(48)2543   
               FAX   0155(48)3052 
E-mail     (代表アドレス)
               obino-z0@ hokkaido-c.ed.jp
             

アクセス

 

学科の出来事をお伝えします!

農業土木工学科
12
2018/05/11

農業土木工学科「測量遠足」

| by 帯農教員

5月7日(月)、農業土木工学科の恒例となった測量遠足を実施しました。1年生から3年生まで全員が参加し、グリーンパークまで歩きました。

 現地到着後は、実習として先輩から後輩へ測量機器の取り扱いや測量の方法を指導します。昼食は、焼肉を行いました。前日まで危ぶまれた雨も無事上がり、1日を通して学科の交流を深めることができました。遠足の様子は後日OCTVでも放映される予定です。


19:09
2018/05/11

農業土木工学科「土木建設業説明会」

| by 帯農教員

 4月24日(火)農業土木工学科3年生を対象に土木建設業説明会が実施されました。「十勝建設産業の未来を考える会」の主催により、公務員、施工管理、設計に携わる方々から、仕事内容について詳しい説明を受けました。生徒からは休暇取得の仕組みについてなどの質問があがり、仕事や待遇だけでなく、社会人としての生活について理解を深める機会となりました。

 また、H28年度農業土木工学科卒業の葭本陸斗さんが北海道開発局の技官として来校し、共に学んだ先輩からの仕事の説明に、3年生も聞き入っていました。


19:06
2018/05/11

農業土木工学科「学科対面式」

| by 帯農教員

4月13日(金)、今年も新年度が始まり、本日は農業土木工学科の学科対面式が行われました。今年度の新入生が、2・3年生に温かい拍手で迎えられた後、新入生の自己紹介や、先輩方からの教訓伝達など、ユーモアにあふれた学科・教員の紹介が行われました。

新入生たちは始め緊張した面持ちでしたが、先輩方の笑顔に温かく迎え入れられ、緊張もほぐれた様子でした。

   またここから、農業土木工学科の新たな1年間が始まります。

19:01
2017/12/25

農業土木工学科3年生全員の進路決定!

| by netcommons管理者

農業土木工学科3年生全員の進路が決定しました。ご協力、ご支援いただきました皆様、ありがとうございました。

 

【進路内訳】

就職 30

・公務員23

国家4、北海道6、帯広市2、音更町1、清水町1、芽室町1、大樹町1、旭川市2

札幌市1、東京都1、とかち広域消防事務組合1、自衛官候補生2

 

・一般就職 7

北海道土地改良事業団連合会2、平田技術コンサルタント株式会社、株式会社フクタ

日鋪建設株式会社、有限会社伸和金属工業、株式会社クロダ農機(敬称略)

 

進学9

・大学5

北海学園大学社会環境工学科2、札幌大学経済学専攻、高崎健康福祉大学健康福祉学部、

大谷短期大学生活科学科

 

・専門学校4

札幌ベルエポック製菓調理専門学校調理師科、北海道リハビリテーション大学校理学療法科、札幌デザイナー学院インテリア学科、吉田学園医療歯科専門学校救急救命学科

  

自営1名



13:20
2017/12/25

農業土木工学科進路報告会

| by netcommons管理者

1219日(火)、農業土木工学科の進路報告会を実施しました。

 3年生からは、大変だったことや取り組んでよかったこと、具体的な試験対策など、様々な体験談が語られ、12年生も真剣に耳を傾けていました。

 後半は、23年生の時間となり、進路別のグループに分かれて質疑応答を行いました。生徒同士の和やかな雰囲気の中、3年生がいろいろなアドバイスをしてくれました。

 これから進路を考える1年生、進路活動を控える2年生、それぞれにとって、とても貴重な時間となったようです。

 後輩のために準備・運営してくれた3年生のみなさん、ありがとうございました。


13:15
2017/12/14

第6回イオンエコワングランプリ「エコの環賞」受賞

| by netcommons管理者

12月9日()、高校生によるエコ活動コンテスト「第6回イオンエコワングランプリ」にて、農業土木工学科水質浄化班がエコの環賞を受賞しました。

有明ビッグサイト(東京都)で行われた最終審査会には、全国96108点の応募から選出された14団体が参加し、それぞれの地域の環境問題解決へ向けた活動の成果を発表しました。

水質浄化班では、人工湿地による農業雑排水の浄化について、農業土木工学科2年生山岸君、大和田君が5分間のプレゼンテーションと10分間の質疑応答を行いました。堂々とした態度で発表し、すべての質問に丁寧に答えたことで、審査員からも高い評価を得ることができました。

受賞を励みに、今後も活動の発展へ努力していきたいと思います。



12:10
2017/11/10

「カレーの会」実施しました。

| by netcommons管理者

11月8日()、農業土木工学科1年生が、「農業と環境」の実習で栽培した野菜と、酪農科学科で生産された豚肉を使い、帯農産カレーを作りました。3年生を招いた会食では、「おいしい!」という声が飛び交っていました。

農業土木工学科の1年生はほとんどが農業を体験したことがなかった生徒たちですが、春からの実習を通して、農業の大変さ、素晴らしさを少しでも体験できたのではないかと思います。いつもよりおいしく感じるカレーを感謝の気持ちで完食しました。


15:56
2017/09/26

農業土木工学科 パートナーシップ現場見学会

| by netcommons管理者

913日(水)、農業土木工学科1年生を対象に北海道開発局帯広開発建設部とのパートナーシップ現場見学会が実施されました。見学先は、清水町と帯広市の災害復旧現場です。

 現場では、昨年の台風による被害の爪痕がいまだに色濃く残っており、仮設道路や頭首工の再建など、普段は立ち入ることのできない場所で復旧工事の最前線を見学することができました。

 災害復旧において、土木業界が大きく貢献していること、そして、自分たちの目で「農業土木工学」の重要性を確認できた見学会でした。

13:10
2017/09/13

第12回人工湿地ワークショップin上川への参加

| by netcommons管理者

911日(月)、12()、農業土木工学科2年生の生徒4名が第12回人工湿地ワークショップin上川に参加しました。

「人工湿地」とは自然の力を利用して水を浄化する施設で、国内外で注目されている技術です。農業土木工学科では平成23年に研究を開始し、すでに7年目となっております。

 1日目の現地見学会では、大規模酪農施設の糞尿処理に導入されている人工湿地を見学しました。2日目の事例発表会では、「帯広農業高校人工湿地5年間の水質モニタリング結果と6年目の改良」というタイトルで生徒が発表し、全国の大学や企業の専門家から、貴重なご意見を頂くことができました。

 今回のワークショップに参加し、人工湿地の普及が確実に広がっていることや、多くの研究者の方々が高校生の活動を応援してくださっていることを実感することができました。

15:53
2017/09/12

農業土木工学科 ジャガイモ収穫

| by netcommons管理者

96()、農業土木工学科1年生では、先週に引き続いてのトウモロコシの収穫に加え、今回はジャガイモの収穫を行いました。

すっかり枯れた地上の茎を取り除き、うねを掘り返すと大きなジャガイモや小粒でかわいいジャガイモがゴロゴロと見つかりました。全員で夢中になって収穫し、気がつけば持って戻るのにも一苦労な大収穫となりました。

ジャガイモは秋のカレーで料理し、みんなで食べる予定です。


18:35
12